3日間ファスティングの実践方法とポイントを解説!【自己流は危険!】

ファスティング関連

こんにちは。生沼秀明(happyel76)です。
こちらでも日々の学びをアウトプットしています。

3日間ファスティングどうやってやるのかなあ?
あと、注意点やポイントも教えてほしいな。。。
あなた
あなた
ハピエル院長
ハピエル院長
はい!今回はこの疑問にお答えしますね!!

本記事のテーマ

    1- 3日間ファスティングの実践方法とポイントを解説!【自己流は危険!】
    2- 3日間ファスティング 体にどんな変化が起こる?
    3- 3日間ファスティングの実践方法
    4- 3日間ファスティングを実践する時の注意点やポイント
    5- まとめ
この記事を書くわたしは、社団法人分子整合医学美容食育協会越谷支部長としてファスティングをお勧めしています。

ナチュラルアートクリニック院長 御川安仁ドクターも同協会の医療顧問としてファスティングをオススメしています。

わたしは、柔道整復師(国家資格)を取得し、これまで17年間(2020年2月現在)健康業界に携わってきた中で「体は食べたものでできている」

つまり、「健康は食生活から」というのが1つの答えです。

現在、埼玉県越谷市で整体サロンの経営をして7年。

わたしも健康の専門家として、ファスティングを定期的に実践していますので信憑性はあるかなと。。。



あなたへの前置きメッセージ

この記事では、「3間ファスティングってどうやってやるの!?」
「実践方法や注意することは?」

そんな疑問や考えをお持ちのあなたに向けた記事になっています。

この記事を読むことで、3日間ファスティングの「やり方」や「ポイント」についての理解が深まりますので、ぜひ最後までお付き合いください。

1- 3日間ファスティングの実践方法とポイントを解説!【自己流は危険!】


こちらのブログでは、私たちがおすすめする「ミネラルファスティング」についてお伝えしています。

「ファスティング」とは、ずばり「断食」のこと。

なんだか修行僧にでもなったみたい!?な錯覚を覚えるかもしれませんが、実はこの「断食」=「ファスティング」が体にとって非常に良い効果をもたらしてくれることが分かっています。

内臓脂肪燃焼や、免疫力アップ、アンチエイジング効果など男性はもちろん、とりわけ
女性にとって嬉しい健康効果が得られることで、モデルや芸能人にも人気が高い
健康法なんです。

さて、これまで半日ファスティングや1日ファスティングなど
手軽に取り組めるファスティングの実践方法についてお伝えしてきました。

今回はデトックス効果が期待できる、ロングファスティングの実践方法やポイントなどをお伝えしていきます。

ただし、自己流は危険が伴いますのでプロのアドバイザーからのアドバイスをしてもらうながら行なってくださいね。

是非、最後までお付き合いくださいませ!

2- 3日間ファスティング 体にどんな変化が起こる?


半日や1日ファスティングでは、主に内臓の休息や、少食効果が目的とされていました。

今回お伝えする3日間からのロングファスティングではファスティングの醍醐味でもある「脂肪燃焼&デトックス」がいよいよ始まります。

脂肪が燃焼されている時には、「ケトン体」という物質が作られます。

この「ケトン体」は、満腹中枢を刺激し、脳内のα波を増やしたり、自律神経を整える作用があるため、

    ・お腹が空く感覚がなくなってくる
    ・頭が冴えてくる
    ・心が穏やかになる
    など

さまざまな変化を感じることができます。

さらに、目に見える変化としては、

    ・体重が落ちる
    ・体脂肪率がさがる
    ・集中力が高まる
    ・朝の目覚めが良くなる
    ・日中眠くならない
    ・宿便が出る 
    など

変化を感じるようになってきます。

実際に変化を感じることで、モチベーションもアップにもつながりますよ!

3- 3日間ファスティングの実践方法


ファスティングには、
・準備期間
・ファスティング期
・回復期間 
この3つのプロセスがあります。

今回の3日間ファスティングは、あくまでもファスティング期が3日間という意味です。

お間違えのないようにお願いします。

では、3日間ファスティングのプロセスを解説していきますね。

① 準備期間(2日間~)

準備期間は、ファスティングを始める前のウォーミングアップと考えていただくと理解しやすいと思います。

マラソンを始める前に、ストレッチや準備運動するのと同じく、体を慣らしファスティングの効果が十分に得られるようにします。

具体的には、「マゴワヤサシイ」と呼ばれる体に優しい食事を摂り、
アルコールや高脂肪・高たんぱく・トランス脂肪酸・砂糖類・市販薬など肝臓や腸に負担になるものを避けましょう。

関連記事

② ファスティング期間(3日間)

ファスティング期間は、実際に断食を行う期間です。

この時期は、専用のファスティングドリンクを1日320mlと水分2リットルを摂取して過ごします。

血糖値が大きく下ったり上がったりすると、イライラの原因にもなりやすいので2時間~4時間おきくらいに分け、こまめに摂取できると望ましいです。

その他、抗酸化作用の高い、ルイボスティーなどもおすすめです。

③ 回復期間(2日間~)

ファスティング期間を経て、体内の脂肪は燃焼され、有害物質はデトックスされ、腸はまっさらな赤ちゃんのような状態になっています。

いきなりラーメンや焼き肉など口にするのは厳禁!内臓にかなりの負担がかかりせっかくのファスティングが台無しになってしまいます。

まずは離乳食を始めるように、消化の良いものからリスタートです。

回復期の1食目は、生沼式「快腸だいこん布」から始めます。

そのことで、「宿便」と言われる黒いタール便が出てきます。

この黒いタール便が出ることで本当の意味での「デトックス」なんです。
※個人差があるのでタール便が出ない方もいらっしゃいます。

その後は、重湯やおかゆなど徐々に消化の良いものをよく噛み、体を慣らしていきましょう。

ここでも「マゴワヤサシイ」食材を摂取し、アルコール・高脂肪・高たんぱくなどの内臓に負担がかかる食材は避けるようにしましょう。

関連記事

4- 3日ファスティングを実践する時の注意点やポイントは?


半日や1日のファスティングとは違い、しっかりと準備期間と回復期間を設けましょう。

ファスティングの効果を最大限に引き出すためにも、大事な期間になります。

準備食や回復食には、「マゴワヤサシイ」食材がおすすめです。

マ・・・豆類
ゴ・・・ゴマなど種子類
ワ・・・ワカメなど海藻類
ヤ・・・野菜
サ・・・魚
シ・・・シイタケなどキノコ類
イ・・・イモ類

これらの体に優しい食材を取り入れて、まっさらな腸の消化を助けるようにします。

回復食には、腸の善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれる、ぬか漬けなどの発酵食品もおすすめです。

そして、準備期間・回復期間ともに注意なのは、肉や卵などの高脂肪・高たんぱく・トランス脂肪酸・砂糖や小麦粉などは、肝臓や内臓に負担をかけるため避けるようにして下さいね。

ファスティング後のアルコール摂取も、腸の吸収が良い状態のため注意が必要です。

5- まとめ


いかがでしたか?

まずは、半日や1日のファスティングから始めてください。

その後ステップアップしていよいよファスティング本番の3日間ファスティングにチャレンジしてください。

3日間ファスティングでは、今までとは違った体の変化を感じると思います。

また、3日間ファスティングを数回行い、体の変化を実感した方もいますので焦らず実践していきましょう。

3日間ファスティングからは、専門家からのアドバイスを必ず受けてください。

今後もこちらのブログでは、ファスティングに関する正しい情報をお伝えしていきたいと思っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ファスティングにご興味があるあなたは、こちらからご質問やメッセージをお願いいたします。