1人治療院ホームページ(LP)から毎月10名から予約が入る心理学を使った14のテクニックを暴露

ホームページ制作

こんにちは。生沼秀明(happyel76)です。
こちらでも日々の学びをアウトプットしています。

治療院を経営してるけど、ホームページ(LP)から集客するためのポイントがあれば教えてほしいな。
先生
先生
ハピエル院長
ハピエル院長
はい!今回はこの疑問にお答えしますね!!

この記事の内容

この記事を書くわたしは、現在1人治療院を開業して9年。(2022年5月現在)

父親の「死」をきっかけに一人治療院を開業。
しかし・・・開業2年で経営に失敗し店舗をたたむ。

自宅のリビングでベッド1つからの再出発。

マーケティングの重要性に気づき、学びながら実践し、現在は整体サロンという形で店舗経営しています。

さらに、全国の先生にマンツーマンで治療院経営のアドバイスもしています。

わたしも治療院経営で苦労してきました。

これでは、毎月20〜30名をホームページ(LP)から半自動で集めているので、信ぴょう性はあると思います。

実績を軽く載せておきますね!!


先生への前置きメッセージ

この記事では、「治療院ホームページ(LP)から毎月10名から予約が入る心理学を使った14のテクニック」についてお伝えしていきます。

この記事を読むことで、これまで300万円以上かけてホームページ制作をお願いし、ことごとく失敗に終わった経験を活かして勉強してきた方法をお伝えしていきますので、ぜひ最後までお付き合いください。

▶︎生沼(おいぬま)ってダレ??〜落ちこぼれ人生白書〜

治療院ホームページ(LP)から毎月10名から予約が入る心理学を使った14のテクニック


毎月10名からホームページ(LP)から集客できていないのは、「認知」「説得力」「影響力」がうまく使えていないからです!

ホームページ(LP)の目的は何でしょう?

それは、見込み客に「行動させこと」

治療院は施術を受けてもらえなければ存在価値はありません。

重要なことは3つ

1、いかに見込み客に知ってもらえるか?

2、先生が見込み客に情報を正確に伝えているか?

3、見込み客に興味を持ってもらえるか?

ホームページ(LP)から集客に繋げるにはこの3つがポイントになります!

忘れないようにしてくださいね。

1つずつ解説していきますね。

1、いかに見込み客に知ってもらえるか?


これは、広告(まずはPPC広告)を使って見込み客が検索した時に先生のホームページ(LP)が上位に表示させるようにしなければいけません。

なぜなら、今やどの治療院もホームページ(LP)は持っているからです。

そんな中で、先生のホームページ(LP)を見てもらう(認知)には広告は必須になります。

せっかくホームページ(LP)がネット上に公開されていても埋もれてしまっています。

見込み客はネットで検索した際、ほぼ1ページ目しか見ません。

それでは、いくら待てど暮らせど予約が入ることは皆無でしょう。

心理学を使った14のテクニックを紹介


ではここから、ホームページ(LP)に取り入れれて欲しい14のテクニックを紹介します。

 

1- シンプルにする


文章はシンプルに聞いてください。

簡単で分かりやすい単語を使ってください。

文章は短いほど良いです。

文章を短くすることで読むペースが速くなってホームページやチラシが魅力的に見えます。

2- メリットを売り込む


メリットは人の購買意欲を刺激します。

ホームページ(LP)を読むとき、見込み客は常にこの治療院は私にとってどんなメリットがあるのかを考えます。

そのため、先生はホームページにメリットを盛り込んでください。

見込み客の生活がどのように良くなるかも伝えてください。

重要なのは、「どんな施術なのか」ではないのです。

その施術が相手に何をもたらすかを考えることです。

必ずホームページ(LP)にメリットを盛り込んでください。

3- 希少性を強調する


見込み客にこの施術はいつでも受けられる、そう思わせてしまったら絶対に予約につながらないです。

見込み客に早く予約しないと受けられない、そう思わせてください。

ホームページ(LP)を作る時は必ず期限を設けてください。

4- 質問を使う


ホームページ(LP)に質問があるとその疑問をあたかも自分の疑問のように考えます。

そして顧客は質問の答えを知りたいと思います。

そのためホームページ(LP)をしっかりと読むようになります。

プロのコピーライターも質問のテクニックをよく使います。

会話でも同じです。
話の中、文章の中に必ず質問を入れてください。

5- 怠惰(たいだ)を利用する


人は怠惰な生き物です。

人は面倒なことにとても敏感です。

努力を避けられることなら何でもしようとします。

そのため見込み客が予約しやすいようにできることは何かを考えてください。

6- 写真やイラストを使う


調査によると写真やイラストを含んだホームページ(LP)は見込み客の反応を増やすことが分かっています。

写真やイラストが10個以上あるホームページ(LP)はそれ以下に比べて70%も多く読み手を惹きつけます。

さらに、最も読み手を惹きつける視覚表現が写真です。

7- 返金保証をつける


わたしたちは、苦労して稼いだお金を使います。

そのため信頼できる商品やサービスを買いたいです。

今買おうとしている商品やサービスは代金に見合うだけの価値があるかを考えます。

返金保証があれば見込み客は自信を持って商品やサービスを買うことができます。

8- 見込み客が好きな色を使う


調査によるとホームページ(LP)として好かれる色は1位から順番に青・赤・緑・紫・オレンジです。

また2つの色を組み合わせる場合でも青を使った組み合わせが人気が高いです。

さらにカラフルなホームページ(LP)は、白黒に比べて丁寧に読む人が60%も多いことが分かっています。

ホームページ(LP)ではカラーにして青色など人気の高い色を使ってください。

9- 心理的価格設定をする


心理学を使った商品・サービスの価格設定には2つあります。

きりのいい価格を設定する名声価格
きりの悪い価格を設定する端数(はすう)価格

一般的に3980円などの端数がついていると、消費者はお得感を感じます。

一方名声価格のようにきりの良い価格は商品やサービスに高級感を与えます。

商品やサービスに高級感を出したい時以外は端数価格を使ってください。

10- 権威を利用する


人は権威のある人が宣伝する商品やサービスを受け入れる傾向があります。

医者や弁護士などのその道のプロが宣伝すると信用します。

最も有効なのは先生の商品やサービスを権威のある人に宣伝してもらうことです。

11- 恐怖心を煽る


恐怖は人を刺激して行動を変えさせてお金を使わせます。

なぜなら恐怖はストレスをもたらすからです。

人はストレスを受けると何か行動したいと考えます。

家庭用の火災報知器や生命保険も同じように恐怖心を煽ります。

商品やサービスを売るときは見込み客の恐怖を煽る方法を使ってください

12- ライフフォース8


人間の根源的な8つの欲求のことです。

①生き残り、人生を楽しみ、長生きしたい
②食べ物、飲み物を味わいたい
③恐怖、痛み、危険を免れたい
④性的に交わりたい
⑤快適に暮らしたい
⑥他人に勝り、世の中に遅れをとりたくない
⑦愛する人を気遣い、守りたい
⑧社会的に認められたい

人はこの8つの欲求を否定はできません。

全てではないですが、この8つの欲求を満たすことをホームページ(LP)内に盛り込んでください。

13- エビデンスを利用する


「証拠」や「証明」のことです。

特に重要なのが、お客様の声です。

いくら先生が「私の技術は素晴らしいので受けに来てください。」「これまで◯◯◯◯◯人の施術実績」と載せても説得力がありません。

それよりも、実際に先生の施術を受けての感想を載せることです。

さらに、今や動画が主流になっています。

ぜひ、動画で感想をもらってホームページ(LP)に載せてください。

14- 断れないオファー


初回から通常価格を載せて儲けようとしないでください。

なぜなら、先生がいくらホームページ(LP)でいいことを載せていても信じてもらえないからです。

スーパーでも試食できたり、健康食品も初回は無料サンプルがもらえたりしますよね。

そのためにお試し価格で敷居を下げて受けてもらえるようにしてください。

まとめ


いかがでしたか?

毎月10名からホームページ(LP)から集客するには、「認知」「説得力」「影響力」が重要です!

重要なことは・・・
1、いかに見込み客に知ってもらえるか?
2、先生が見込み客に情報を正確に伝えているか?
3、見込み客に興味を持ってもらえるか?

そして、心理学を使った14のテクニックを1つ1つしっかりと理解してください。
1- シンプルにする
2- メリットを売り込む
3- 希少性を強調する
4- 質問を使う
5- 怠惰(たいだ)を利用する
6- 写真やイラストを使う
7- 返金保証をつける
8- 見込み客が好きな色を使う
9- 心理的価格設定をする
10- 権威を利用する
11- 恐怖心を煽る
12- ライフフォース8
13- エビデンスを利用する
14- 断れないオファー

先生の参考になれば嬉しいです!

✨✨無料プレゼント✨✨
月収100万円達成!10のステップ
<2022年版>