ファスティングの回復食って?【注意点やおすすめ食べ物について解説】

ファスティング関連

こんにちは。生沼秀明(happyel76)です。
こちらでも日々の学びをアウトプットしています。

ファスティングの回復食ってなにかなあ?
注意点やおすすめの食べ物も教えてほしいな。。。
あなた
あなた
ハピエル院長
ハピエル院長
はい!今回はこの疑問にお答えしますね!!

本記事のテーマ

    1- ファスティングの回復食って?【注意点やおすすめ食材について解説】
    2-「回復食」とは?
    3-「回復食」を摂取する時の注意点
    4-「回復食」にはこんな食べ物がおすすめ
    5- まとめ
この記事を書くわたしは、社団法人分子整合医学美容食育協会越谷支部長をしています。

ナチュラルアートクリニック院長 御川安仁ドクターも同協会の医療顧問としてファスティングをオススメしています。

わたしは、柔道整復師(国家資格)を取得し、これまで17年間(2020年2月現在)健康業界に携わってきた中で「体は食べたものでできている」

つまり、「健康は食生活から」というのが1つの答えです。

現在、埼玉県越谷市で整体サロンの経営をして7年。

わたし自身もファスティングを実践して花粉症が改善したり、風邪もまったく引かずに体調維持できているので信憑性はあるかなと。。。


あなたへの前置きメッセージ

この記事では、「はじめてファスティングをやってみよう」と思ったあなたに向けて書いています。

この記事を読むことで、ファスティングで重要な「回復食」についての理解が深まりますので、ぜひ最後までお付き合いください。

1- ファスティングの回復食って?【注意点やおすすめ食べ物について解説】


ファスティングについて、正しい知識や実施方法をお伝えしているブログですが、今回は「回復食」についての情報をお伝えしようと思います。

ファスティングとは、直訳すると「断食」のこと。

ファスティングを実践すると、脂肪燃焼や体質改善などカラダに嬉しい健康効果が得られるため美意識が高い芸能人やモデルさんなどが実践していることで話題なんです。

ファスティングのプロセスは大きく分けて
「準備期」➡️「ファスティング期」➡️「回復期」 この3つの行程。

ファスティングの効果を存分に引き出すために大事なのは終わりと始まりです。

ここを間違えると、せっかくのファスティングが水の泡になりかねません。

こちらではしっかりとなぜ回復食が必要なのか、どんなものを食べたら良いのかなどの情報をお伝えしていきたいと思います。

2-「回復食」とは?


回復食とは、ファスティングが終了したあと、腸内を元にもどすために摂取する食事のことです。

ファスティング期の期間にもよりますが、回復食は通常2日〜3日間は設けることをおすすめしています。

ファスティングが終わったばかりの腸内は、まるで赤ちゃんのようにまっさらな胃腸に戻ったと思って下さい。

あなたは、赤ちゃんに離乳食を飛び越えて、ステーキやチョコレートを食べさせる。。。なんてことありえないですよね。

それと同じで、ファスティング期を終えたあなたは赤ちゃんと同じまっさらな胃腸になっているのです。

ですから、離乳食と同じように消化のいいものをよく噛んで食べることを意識しながら回復食からリスタートしていきましょう。

同時に「食べることの幸福感」や「食べ物への感謝」を感じることもファスティングで得られる効果の大きなひとつなのです。

3- 「回復食」を摂取する時の注意点


もしも水だけのファスティングを実践したなら、体は極度の低血糖状態になってしまいます。

そこに突然大量の糖質が体に入ると、血糖値が急激に上がってしまい、血管内の炎症が起こるなどショック状態になる可能性が高くなってしまいます。

また、胃に食べ物が入り、血液が急激に胃に集まり、めまいを起こすなどの例もありますので水だけでファスティングを行なうのはおすすめしません。

わたしがおすすめするミネラルファスティングでは、酵素ドリンクを摂取してもらいますので、ファスティング期中でも生きてくために必要な栄養素を摂っているので体は極度の低血糖状態にはなっていません。

ですから、必ずしも重湯からスタートしなければならない。といったことはありませんが固形物はやはり厳禁です。

ファスティング期のあと、初めての食事の際には、重湯を取り入れておくと安心です。

そこから徐々に、しっかりと30回よく噛みながら固形物を摂取していきましょう。

ここからはファスティング期後の注意点になりますが、

ファスティング期後は吸収率が高くなっているので、アルコールの摂取にも注意が必要です。

普段ならなんともない量のアルコールでもフラフラになってしまうこともありますので。。。

そして添加物にも気を付けましょう。

大量生産されたおにぎりを食べて、気分が悪くなったという例もあります。

関連記事

体にとって何が必要で不必要なのか。
ファスティングが「食」を見直すいいきっかけになれば、なおよし。ですね。

4- 「回復食」にはこんな食べ物がおすすめ


回復食の目的は、胃腸の負担を少なくするためと宿便を出してデトックスするためですので、まずは生沼式「快腸だいこん布」をおすすめします。

この生沼式「快腸だいこん布」を食して約30分後。。。

「ピーゴロゴロッ!!!」っと便意をもよおします。

お腹はまったく痛くありません♪

そこからはしばらく(15分〜30分)はトイレとお友だち(笑)

黒っぽいタール便が次々と出てきて、体内がデトックスされスッキリ爽快気分になります。

この黒っぽいタール便を出すことがファスティングの大きな目的の1つです!

その後は、重湯やトロトロに柔らかく煮込んだ「おかゆ」で調整します。

おかゆに加え、昆布などのうまみ成分である「グルタミン酸」も一緒に摂取するのがおすすめ。

昆布だしのおつゆや、昆布だしでおかゆの味つけをすれば、腸内のエネルギー源となってくれますので、是非取り入れてみて下さい。

油は回復食3日目から、アマニ油など体にいい油を少しづつ取り入れてみましょう。

あとは発酵食品(納豆やぬか漬け)なども善玉菌を育てるのでおすすめです。

回復食の実際のメニュー例を挙げてみますね。
是非、参考にしてみて下さい。

1日目

朝食・・・快腸だいこん布(大根を昆布だしで煮込んだもの)
     重湯・とろとろのおかゆ
     大根やりんごのすりおろし
     野菜やフルーツのスムージー

昼食・・・おかゆ(トッピングにごま塩など最低限の味付け)
     サラダやスムージー
     すりおろし野菜(人参・きゅうり・大根など)
     ざるそば

夕食・・・さつまいものおかゆ(塩分控えめの梅干しなど)
     野菜スープ
     サラダ・フルーツ・海藻・ぬか漬け
     野菜たっぷりみそ汁

2日目

朝食・・・おかゆ(トッピングごま塩や最低限の味付け)
     ファスティングドリンク+野菜やフルーツ・スムージー

昼食・・・おかゆ
     とろろいものお吸い物
     ごはん(発芽玄米や雑穀入り)
     みそ汁(野菜・海藻・きのこなど)
     ぬか漬け

夕食・・・おかゆ
     野菜の煮物(大根・人参など)
     ごはん(発芽玄米や雑穀入り)
     みそ汁
     ぬか漬け

3日目

朝食・・・玄米ご飯
     大豆と根菜の煮物
     ぬか漬け
     ファスティングドリンク 
     野菜・フルーツ・スムージー

昼食・・・ 玄米ご飯
      青菜のごまあえ
      オクラ納豆
      アマニ油
    玄米+「マゴワヤサシイ」食材を使用したメニュー 
※準備食の記事参照
    
夕食・・・玄米ご飯
     大豆と根菜の煮物
     ぬか漬け
     「マゴワヤサシイ」食材を使用したメニュー

     
一例を挙げてみましたが、こちらに限らずあなたが考案したメニューを試してみてもいいかもしれません。

関連記事

5- まとめ


今回は「回復食」についての情報をお伝えしました。

・「回復食」とは、まっさらな腸を元に戻していくための大事な期間。
2日〜3日間を目安に実践する。

・「回復食」は重湯やおかゆなど消化に良いものからスタート。

以上のポイントが大変重要になってくることが分かりましたね。

勇気を出して取り組んだファスティングの成果を存分にゲットするための最後のひと踏ん張りです!

今後、こちらのブログでは回復食のレシピなど、役に立つ情報をお伝えしていこうと考えておりますので、是非お楽しみに!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!