治療院に来たお客様の声を100%もらう方法を解説します【ネタバレ】

経営全般

こんにちは。生沼秀明(happyel76)です。
こちらでも日々の学びをアウトプットしています。

お客様から感想をもらいたいけど抵抗あるんだよなあ。。。
どうやったらもらえるのかなあ?
できれば、値引きせずに喜んで感想をもらえる方法があれば教えて欲しいなあ。。。
先生
先生
ハピエル院長
ハピエル院長
はい!今回はこの疑問にお答えしますね!!

    1、治療院に来たお客様の声を100%もらう方法を解説します【ネタバレ】
    2、お客様の声をもらう心構え
    3、お客様の心理
    4、お客様の声をもらう具体的方法
    5、お客様の声テンプレート
    6、まとめ
この記事を書くわたしは、現在1人治療院を開業して7年。

父親の「死」をきっかけに一人治療院を開業。
しかし・・・開業2年で経営に失敗し店舗をたたむ。

自宅のリビングでベッド1つからの再出発。

マーケティングの重要性に気づき、学びながら実践し、現在は整体サロンという形で店舗経営しています。

これまで試行錯誤してきた結果、お客様から多くの感想をいただいているので、信憑性はあるかと。。。

先生への前置きメッセージ

この記事では、「治療院に来てくれたお客様から声をもらう方法について解説します。

この記事を読んで実践することで、「100%お客様から先生が話して欲しい、書いて欲しい感想がもらえるようになります。
どうぞ、最後までおつきあいください。

以前のわたしのように経営に悩んでいる先生にも成果を出して欲しいと思い記事を執筆します。

それでは、どうぞよろしくお願いします。

1、治療院に来たお客様の声を100%もらう方法を解説します【ネタバレ】


これからお伝えすることを実践すれば、間違いなく100%の確率でお客様からの声がいただけます。

なぜなら、わたしが試行錯誤した結果、今では100%お客様の声がもらえているからです。

先生の心構え、お客様の心理を知ることから具体的な方法までを解説していきます。

2、お客様の声をもらう心構え


お客様から声をもらうにはまず先生の心構えが必要です。

間違ってもお客様の方から声をもらえることは100%ありません。

先生自身が声をかけていくしか方法はありません。

そのために、まずは「決断」してください。
「この治療院に来たお客様の全員から声をもらう」という決まりを作ることです。

ここに来たお客様には全員から声をもらうのが当たり前という心構えを持ってください。

この「もらうのが当たり前」という考え方を持ちましょう。

3、お客様の心理


お客様の心理というか人の心理を知りましょう。
これは人が持つ無意識の心理です。

人の心理を知ることで、お客様から声がもらえやすくなるからです。

3−1 返報生の法則

先生は近所の方から、旅行のお土産などをもらうと、ご自分が出かけた時に、「以前、近所の◯◯さんからお土産をもらったからお土産を買って帰ろう」って思ったことはないですか?

これが、返報生の法則です。

人は「何かをもらったりすると、お返ししなくては」という心理が働きます。

なので、先生は普段からお客さんに「ギブ」をしましょう。
そうすることで、お客さんからの声がもらいやすくなります。

「施術をしてギブしているけど」って思うかも知れませんが、それは「ギブ」ではありません。

当たり前のことです!

施術以外でお客さんが喜んでもらえることを「ギブギブギブ」ぐらいしましょう。

3−2 人の深層心理にあるもの

人にはこんな心理があります。

    ・認められたい
    ・褒められたい
    ・人の役に立ちたい

先生も認められたいと思いませんか?
褒められたいと思いませんか?
人の役に立ちたいと思いませんか?

普段はそこまで強い想いがなくても、聞かれれば「そうだな」と思うはずです。

この「人の役に立ちたい」という心理を利用しましょう。

「わたしが施術の感想を話したり書くことで、世間のお役に立てる」と思ってもらえるような対応を考えましょう。

4、お客様の声をもらう具体的方法


それではここからは、お客様から声をもらうための具体的な方法をお伝えします。

この具体的方法を知れば先生も声がもらえるようになります。

4−1 声をもらうタイミング

お客さんから声がもらいやすいタイミングがあります。
なぜなら、声をもらうには症状が改善していなくては当然もらえませんから。

具体的には、初診時の痛みが「10」(完治は「0」)だとしたら、残り3〜4ぐらいまで軽減したら声をもらいましょう!

早めにもらえればもらえるほどいいのです。

ポイントは、改善してきたときの感情があるうちにです。

完全に痛みが「0」になってからだと「嬉しい」「良かった」という感情が薄れてきていますし、「いまさら?」という感じになってしまい、感想もなあなあになってしまいがちだからです。

もう1つタイミングで大事なのが、その場で声をもらうということです。

動画はその場でないと撮れませんが、感想文だと家に持って帰ってもらい書いてもらうこともできます。

しかし、次回来た時に書き忘れている場合がとても多いです。

しかも、何度も「書いてきましたか?」と聞くもの嫌な感じになります。

    ・人は忘れる生き物
    ・先延ばしにしない

を意識しておきましょう。

4−2 声をもらう具体的方法

お願いするのではなく、相談です。
伝えるのではなく、質問です。

この2つが重要なポイントです。

いきなり「お願いがあるのですが・・・」と伝えると相手は「お願いってなに?」と構えてしまいます。

そうではなく、
「○○さんにしか相談できないことがあるんですが、聞いてもらえますか?」と相談があるのですがと質問をします。

これは、「人は質問されると、つい答えなくてはという心理」が働きます。
ここで大事になるのが、「YES」をもらうことです。「聞いてもらえますか?」に対するYESをもらうことです。

そのことで、しっかりと聞いてくれる体勢になります。

さらに、「○○さんにしか相談できない・・・」という特別感を出します。

ここからは、先生の想いを伝えましょう。

    なぜ、〇〇さんから声が欲しいのか?
    声をいただくことで、〇〇さんがどんなことで役に立つことができるのか?
    なぜ、先生はこの場所で治療院を行なっているのか?

+目標や夢を語りましょう。

4−3 質がよく、たくさんの声をもらうポイント

先生はどんなことを喋ってくれたら、あるいは書いてくれたら嬉しいですか?
どうしたらたくさん感想を書いてくれると思いますか?

それは、「サンプルを見せる」ということです。

これまでの感想でいいことを書いてくれたり、たくさん書いてくれたりしたお客さんの声をコピーして、サンプルとして見せてあげるといいです。

いきなり紙を渡されても何て書いていいのか?
お客さんも困ってしまいますよね。

「こんな風に書いてくれたお客さんがいましたので、こんな感じで書いてくれると嬉しいです」と言ってサンプルを渡して書いてもらいましょう。

4−4 声をもらう順番

    1、動画
    2、写真
    3、感想文

この順番です。

1番敷居の高い順番から相談してください。

なぜなら、「動画はちょっと」と断られても、
1度断ると続けて断りずらいという心理が働くからです。

「動画は断ったから写真はいいか・・・」ってなります。
なので、動画は撮ってもらえればラッキーというぐらいの気持ちで、写真と感想文をもらいましょう!

嬉しいことに「動画がOK」となった時にうまく喋ってもらうポイントがあります。

それは、「こんな質問をしますので」という風に質問の内容だけを伝えます。
次に「練習しましょう。思ったことをそのまま話してください」と伝え動画に撮ります。

そこで、終了です。(1発OK!)

練習と伝えて撮った動画が実は本番です。
これが1番いい声になります。

なぜかというと、

1度練習で喋ってもらうと、「本番では同じことを喋ってはまずいかな」という無意識な心理が働いてしまい、「練習の方が良かったのに・・・」といい声がなかなかもらえません。

さらに、「練習なので思ったことを素直に喋ってください。」と伝えると、「まだ練習だから失敗しても大丈夫」という心理的抵抗が下がるので素直な気持ちを話してくれるので、結果としてとてもいい感想になります。

動画を断られた時は、4−3を参考に感想をもらってくださいね。

5、お客様の声テンプレート


わたしがサロンで使っているお客様の声のテンプレート(B5)をプレゼントします。
どんなことを書いてもらったらいいのか?

これから先生で作る時間が短縮できていいと思います。

もし、テンプレートが欲しい先生は、人情マケーター 生沼秀明に登録していただき、「お客さんの声テンプレート」とメッセージをください。

PDFをプレゼントしますね。
登録できない場合は、@oinumaでLINEから検索してください、

6、まとめ


いかがだったでしょうか?

これまでわたしはお客さんの声をもらうのにとても抵抗があった時もありました。
ですが「全員から声をもらう」と決断してからは段々と慣れて、今では抵抗がありません。

お客さんの声は「集客」においてとても重要になりますので、何度もこの記事を読み返して実践してください。

先生の治療院がお客さんの声でいっぱいになりますことを願っています。

質問があれば人情マーケター 生沼秀明からお願いします。

登録できない先生は、LINEから@oinumaと検索してください。

それでは・・・