整体院・サロン経営でLINE公式アカウントを活用する際の5つのポイント

経営全般

こんにちは。生沼秀明(happyel76)です。
こちらでも日々の学びをアウトプットしています。

整体院経営でLINE公式アカウントを使うのにポイントがあれば教えてほしいな。
先生
先生
ハピエル院長
ハピエル院長
はい!今回はこの疑問にお答えしますね!!

この記事の内容

この記事を書くわたしは、現在1人治療院を開業して8年。(2021年6月現在)

父親の「死」をきっかけに一人治療院を開業。
しかし・・・開業2年で経営に失敗し店舗をたたむ。

自宅のリビングでベッド1つからの再出発。

マーケティングの重要性に気づき、学びながら実践し、現在は整体サロンという形で店舗経営しています。

さらに、全国の先生にマンツーマンで治療院経営のアドバイスもしています。

わたしも治療院経営で苦労してきました。

これまで、無料でLINE登録者を1600名以上集めてきたので、信ぴょう性はあると思います。


先生の経営のお役に立てれば嬉しいです♪


先生への前置きメッセージ

この記事では、「治療院・サロン経営でLINE公式アカウントを活用する際の5つのポイント」についてお伝えしていきます。

この記事を読むことで、8割の先生が犯しているLINE公式アカウントの間違いを知ることができますので、ぜひ最後までお付き合いください。

▶︎生沼(おいぬま)ってダレ??〜落ちこぼれ人生白書〜

整体院・サロン経営でLINE公式アカウントを活用する際の5つのポイント


日本の人口1億2600万人中で今や8600万人(月間アクティブユーザー数)が利用しているLINEは驚異としか言えません。

ちなみに・・・
・YouTube :6500万人以上(月間アクティブユーザー数)
・Facebook :2600万人(月間アクティブユーザー数)
・Twitter :4500万人(月間アクティブユーザー数)
・Instagram :3300万人(月間アクティブユーザー数)

国民の多くが日常で使っているLINEを治療院・サロン経営で使わない手はないということです。

そこで、集客やリピートアップのために活用する際の5つのポイントをお伝えしますね。

2-1 登録名は院名やサロン名ではなく名前で

結論から言うと、先生の「名前」で登録してくださいと言うこと。

多くの先生が間違えているのがこの登録名!!

先生の院やサロンの屋号を登録名にしている先生が多いこと多いこと。

なぜ、先生の名前がいいかと言うと・・・

考えてみてください。

先生のLINEの登録してくれている人はほとんどが個人ですよね!

その中に、お店の名前などで投稿されてきたらどう思いますか?

「なんか営業の投稿だろう」って思いませんか?

そう投稿を見ようと思いますか?

そういうことです!!

より、投稿を見てもらうために個人名で登録しましょう。

ですが、ビジネスアカウントで登録している先生は、登録名を変更することはできません。

2-2 スマホとパソコン両方からログインできるように

LINE公式アカウントはスマホとパソコン両方からログインできます。

私はほとんどがパソコンから配信などをしています。

理由としては、タイムラインへの投稿作成とステップ配信が可能な点と投稿文の入力が楽な点です。

スマホでは主に、1対1トークのやり取りや確認のために使っています。

スマホ、パソコンそれぞれにメリットがりますので、うまく使いこなしていきましょう。

2-3 ホームページにLINE公式アカウントの登録リンクを載せる

これは必須事項です。

日本国民の約70%の人がラインを使って生活しているからです。

数年前までは、電話からの予約が多かったのですが、今は約90%がLINEからの予約です。

少し考えてみればわかるのですが、電話をかける習慣がなくなって、手軽なLINEでのメッセージやスタンプのやり取りが主流になっています。

つまり、知らない人に(先生)、電話をかけるのは習慣から離れていて、少し抵抗があるのです。

さらに、LINE公式アカウントをホームページに載せることで、登録してもらえればリストが手に入ったと同じことになります。

つまり、メッセージ送信なので一斉に文章などが送れるので、お知らせやキャンペーン情報などが簡単に送ることができるので、登録はしているが、まだ来院には至っていない見込み客にもアプローチできるのです。

ホームページに電話番号しか記載がないと、お知らせやキャンペーン情報も電話でお知らせすることになり、手間暇がかかってしまいアプローチしないという結果になってしまうのです。

2-4 あいさつメッセージを充実させる

見込み客が先生のLINE公式アカウントに登録してはじめて目に入るのがあいさつメッセージです。

設定では、

「このトークからの通知を受け取らない場合は、画面右上のメニューから通知をオフにしてください。」というメッセージが配信されます。

でも、このメッセージでは何とも味気なく事務的ですよね。

そこで、メッセージは変更できますので、先生オリジナルのあいさつメッセージに変更しましょう!

あいさつメッセージ変更方法


①パソコンでLINE公式アカウントの管理画面を開きます。
②ホーム一覧から「あいさつメッセージ」をクリック


③変更を保存をクリック

2-5 1対1トークへ変更する

ここで必ず変更してほしい設定があります。

それが、「応答設定」です。

開始当初では、応答モードが「Bot」になっています。

この設定ですと、お客様との1対1のメッセージでのやり取りができません。

この設定を「チャット」に変えることで、お客さんとの1対1のメッセージのやり取りができるようになりますので、必ず「チャット」に変更しましょう!

ただし、通話はできませんので・・・

応答設定変更方法


①パソコンでLINE公式アカウントの管理画面を開きます。
②右上の設定のアイコンをクリック


③左の「応答設定」をクリック


④応答モードの「チャット」にチェックを入れる


⑤「変更」をクリックして設定完了です。

整体院・サロン経営でLINE公式アカウントを活用するメリット・デメリット

    <メリット>
    ・登録者全員にメッセージや画像が送れること
    ・お客さんと個々にメッセージのやり取りができること
    ・誰もが手軽にLINEを使っていること
    ・相手からの送信に気付きやすく管理しやすいこと
    ・ホームページやSNSなどと連動できること
    <デメリット>
    ・登録だけされていると、こちらから確認できないこと
    ・文面を気をつけないと、相手に誤解を与えてしまうこと
    ・ブロックされてしまうとやり取りができなくなくなること
    ・使いこなすのにそれなりのスキルが必要なこと

整体院・サロン経営でLINE公式アカウントを活用する際の注意点

    ・配信時間に注意すること
    ・特にメッセージ配信では、長文で送ってしまわないように注意すること
    ・1度メッセージ配信をすると、訂正や削除ができないので注意すること
    ・プランによって月に配信できるメッセージ配信が決まっているので注意すること

まとめ


いかがだってでしょうか?

今回の記事では、

    ・LINE公式アカウントを活用する際の5つのポイント
    ・LINE公式アカウントを活用するメリット・デメリット
    ・LINE公式アカウントを活用する際の注意点

についてお伝えしてきました。

LINE公式アカウントは、店舗経営者向けに作られていますので、活用しない手はありません。

今後も、LINE公式アカウントを使った集客法や顧客管理方法についてお伝えしていきますので、お楽しみに!!


ここではお伝えしない有料級の情報を受け取りたい先生は、こちらのLINEに登録してください。