ppc広告で大事なキーワード設定!【超重要!】マッチタイプについて解説

ホームページ制作

こんにちは。生沼秀明(happyel76)です。
こちらでも日々の学びをアウトプットしています。

ppc広告を使って集客したいけどキーワードってどうやって決めるのかなあ?
集客できるキーワードの選定方法を教えてほしいな。。。
先生
先生
ハピエル院長
ハピエル院長
はい!今回はこの疑問にお答えしますね!!

    1、ppc広告で大事なキーワード設定!【超重要!】マッチタイプについて解説
    2、表記ゆれとは?
    3、マッチタイプとは?
    4、マッチタイプの種類
    5、まとめ

1、ppc広告で大事なキーワード設定!【超重要!】マッチタイプについて解説


「よし!ppc広告を始めるぞ!!」あるいは、
「ppcやってるけど来院につながらない」という先生はマッチタイプを理解する必要があります。

ppc広告は当然お金がかかります!

なかには「お金をかけるんだから集客できる!」と思い込んでいる先生も少なくありません。

わたしも以前は集客できると思いppcを始めましたが、広告費ばかりかかって集客できない時期がありました。

物事すべてには「原理原則」があります。

それを踏まえて、ppc広告を運用する上で欠かせないキーワードを設定する上で重要なマッチタイプについてお伝えしますので、気合を入れて読み進めてくださいね。

2、表記ゆれとは?


まず、マッチタイプの話をする前に「表記ゆれ」についてお伝えします。

「表記ゆれ」についても先生の頭に入れておいてほしいからです。

表記ゆれとは、先生が設定したキーワードと見込客さんが検索した語句の関連性が限りなく高く、同一の内容だと判断される類似パターンに対して、自動的に広告が表示されるようになっています。

<表記ゆれ>
例) 「犬」「いぬ」「イヌ」

<略語>
例)「スマホ」=「スマートフォン」
  「インスタ」=「インスタグラム」

Googleって賢いですよね!!

ですので、そこまで慎重にならなくても大丈夫だということです。

3、マッチタイプとは?


Google広告(検索連動型広告)において、先生がどのようなキーワードで広告を表示させるかを決めるのですが、先生の見込客になりそうな方に向けて広範囲に広告を表示させたり、ピンポイントで表示させたりと設定できるのがマッチタイプです。

これは、広告が表示されるかを左右するのでとても重要な設定になります。

これを知らずにキーワードを決めてしまったばかりに、不必要にクリック単価が上がってしまった!など、ムダな経費をかけないようにしっかりと落とし込みましょう。

4、マッチタイプの種類


マッチタイプの種類は全部で4つあります。

    ・完全一致
    ・フレーズ一致
    ・絞り込み部分一致
    ・部分一致

1つずつ解説していきます。

完全一致

先生が設定したキーワードと見込客さんが検索した語句が完全に一致した場合に広告に掲載されます。

「越谷 整体」「整体 越谷」のように、語句が入れ替わっていても広告に掲載されます。

「越谷」「越ヶ谷」などの表記ゆれがあっても広告に掲載されます。

例)
設定キーワード: 越谷 腰痛

<メリット>
・先生がピンポイントで狙った見込客さんにアプローチできる。
・単語1つのみのキーワードには最適

<デメリット>
・反応する範囲が狭いので、反応が鈍い

フレーズ一致

先生が設定したキーワードと見込客さんが検索した語句+(フレーズ)を含む場合に広告が掲載されます。

語句が入れ替わっていたら広告に掲載されません。

例)
設定キーワード: 越谷 整体
掲載される語句: 越谷 整体(費用)
        (求人) 越谷 整体
掲載されない語句: 整体 越谷
         越谷 草加 整体

<メリット>
・完全一致より表示される語句に広がりがあります。
・主に語句の順番が入れ替わることで別の意味になってしまう場合に活用すると便利です。

<デメリット>
・語句が逆の順番や決めた単語と単語の間に他の単語が入った場合は広告に掲載されません。

絞り込み部分一致

+◯◯(キーワード)に設定することで、語句の順番に拘らず、設定したキーワードが見込客さんが検索した語句に含まれるものに対して広告が掲載されます。

例)
設定キーワード: +越谷 +整体
掲載される語句: 越谷 整体
        整体 越谷
        越谷 草加 整体

掲載されない語句: 越谷 整骨院
         越谷 接骨院

<メリット>
・フレーズ一致のデメリットだった逆の語順や間に他の単語が入った場合にも対応できます。
・意図としない関連語などに対して広告が表示される心配ありません。
・先生が想像できない検索語句へも間口を広げられます。
・運用がコントロールしやすいです。

<デメリット>
・特にありません。

部分一致

先生が設定したキーワードに対して見込客さんが検索した語句と関連性が高いと判断された語句に対して広告が掲載されます。

例)
設定キーワード: 越谷 整体
掲載される語句: 越谷 整骨院
        治療院 草加

掲載されない語句:アルゴリズムによって関連性が高いと判断される語句は常に変装している可能性があります。

<メリット>
・見込客さんが検索した語句に必ずしも先生が設定したキーワードが含まれていない関連した語句に対して広告が掲載されます。
・他のマッチタイプと比べて最も広告の表示機会が多いので想定外のキーワードで検索している見込客さんに最大限の訴求をすることができます。

<デメリット>
・キーワードが広がりすぎて、意図としないキーワードでも広告に表示されてしまい、クリック数が増えてしまう可能性があります。
・広告が表示された語句を頻繁にチェックし、検討する必要があります。

5、まとめ


いかがでしたか?
ppc広告を行なう上でとても大事なマッチタイプについて解説しました。

このマッチタイプを理解するかしないかで成否が決まるといっても過言ではありません。

ちなみに、知らずにキーワードだけを入力してしまうと、「部分一致」になるので注意してください。

表示範囲が広がりすぎて広告費がかかり過ぎてしまうデメリットがありますので。。。

今回のおさらいです。

1、Googleはとても優秀で「表記ゆれ」があり、同一の内容だと判断される類似パターンに対して、自動的に広告が表示されるようになっている。

2、マッチタイプとは、先生の見込客になりそうな方に向けて広範囲に広告を表示させたり、ピンポイントで表示させたりと設定できるのがマッチタイプ。

3、マッチタイプの種類は全部で4つ。
・完全一致
・フレーズ一致
・絞り込み部分一致
・部分一致

ひとつ一つのマッチタイプをしっかりと理解してppc広告を運用していきましょう。

今後も、ppc広告運用についての記事をアップしていくのでチェックしてくださいね!!

それでは・・・