水素吸入療法は20種類以上の疾患で臨床的な有効性が確認されている!!

健康の真実


水素吸入って体にいいって聞いたけど・・・
どんな疾患に効果があるのかな。。。
あなた
あなた
ハピエル院長
ハピエル院長
はい!今回はこの疑問にお答えしますね!!

この記事の内容

この記事を書くわたしは、柔道整復師(国家資格)を取得し、これまで18年間(2021年5月現在)健康業界に携わってきました。

現在、埼玉県越谷市で整体サロンの経営をして8年。

わたしも健康の専門家として、「水素吸入療法」をサロンでおこなっています。

日々健康について学んでいますので、信憑性はあるかなと。。。

あなたへの前置きメッセージ

この記事では、「水素吸入による有効的な疾患」についてお伝えしていきます。

この記事を読むことで「水素吸入」することでの効果が知れますので、ぜひ最後までお付き合いください。

【BSテレビ東京】2019年1月24日/日経プラス10 水素吸入医療法で治療法は変わる

水素吸入療法は20種類以上の疾患で臨床的な有効性が確認されている!!

https://happyel.site/suiso/
医療現場では、特にエイジングケアに係る医療の現場では、水素療法を導入するクリニックが増加しています。

水素を含んだシートを患部に貼って痛みを緩和する、点滴で体内にまんべんなく高濃度の水素を投与する、注射で患部に直接水素溶液を注入するなど、医療用だけに、高濃度の水素を効果的に投与できます。

水素吸入療法が有効性が確認されている疾患

    ・高血圧、高脂血症
    ・動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞
・糖尿病
    ・関節リウマチ
    ・パーキンソン病
    ・腎臓病、肝臓病
    ・呼吸器疾患
    ・アレルギー(アトピー)
    ・ぜんそく
    ・認知症
    ・歯周病
    ・胃腸疾患
    ・がん疾患(抗がん剤副作用軽減、再発予防)
    ・エイズ


水素吸入療法は、病気の症状の改善、予防だけでなく、代謝アップや疲労回復などを目指した医療においても利用されているのです。

水素吸入は先進医療Bに認定※(2016年11月30日)

https://happyel.site/suiso/
2016(平成28)年には、水素吸入療法が先進医療Bに指定されました。

水素吸入療法とは、水素ガスを酸素とともに吸入する世界初の治療法です。

病気外で不整脈などにより突然心停止が起こると、救急蘇生術で心臓の鼓動を再開できても、脳をはじめとする臓器の機能が損なわれることがあります(心停止後症候群)。

この場合、救命率は約30%で、完全に回復して社会復帰を果たすこともありますが、高度の機能障害が残ることが多くなります。

水素ガスを吸入すると、救命率は約70%向上して、高度の障害が起こるリスクが低減し、完全回復も望めます。

現在、水素吸入療法は、救急医療の現場に導入されているのです。

※水素吸入は先進医療Bに認定(2016年11月30日)
2014年度日本臓器保存生物学会研究奨励賞
水素ガス吸入療法による心肺停止蘇生後臓器障害抑制
慶応義塾大学医学部循環器内科 佐野元昭
6分間の心肺停止状態のラットモデル実験において、水素吸入群では、低体温法と同様の救命効果があり、低体温法と水素吸入群で最も効果が認められた。

先進医療 B 実施計画等評価表(番号 B066)

美容用としても有効性が確認されている水素吸入


水素の抗酸化作用を生かして、シミやしわへの対策、美肌対策のための美容商品も増えています。

水素を含ませたマグネシウムの基剤に混ぜた水素化粧品は、水分と反応して水素を発生させます。

デイリーケアの基礎化粧品から、ダメージケア用のエッセンス、UVケア用の化粧下地クリームなど、用途に応じて使うことができます。

まとめ


いかがだってでしょうか?

「水素吸入」は、自由診療ではありますが、点滴などを用いた治療と同じように、水素を投与することで、血管の悪い部分に選択的に作用して、一酸化窒素の量が増え、血流をよくすることができます。

まだ科学的な根拠が少ないため保険の対象にはできませんが、全額自己負担で保険対象の医療といっしょに「混合診療」を受けることができます。

先進医療AとBの違いですが、簡単に言うとAの方が科学的根拠が揃っていて、Bはまだまだ少ない状況となります。

今後はさらに研究が進み、正式に保険の対象となる医療となることが期待されます。

当サロンでも、「水素吸入療法」を受けることができます。

整体サロンハピエルのホームページはこちら

水素吸入療法」に関するご質問やお問い合わせは下記からお気軽にどうぞ♪
>>整体サロンハピエル 生沼秀明

または、LINEから@685afeamと検索してください。