原因不明の体調不良が続く症状を改善させる10の心得を解説!①〜⑤

健康の真実

病院で検査しても異常がないと言われ薬を出してもらっただけ。。。
異常がないのになぜ体調が悪いのかしら?
どうしたらいいのかなあ・・・
あなた
あなた
ハピエル院長
ハピエル院長
はい!今回はこの疑問にお答えしますね!!

この記事の内容

この記事を書くわたしは、柔道整復師(国家資格)を取得し、これまで18年間(2021年5月現在)健康業界に携わってきました。

現在、埼玉県越谷市で整体サロンの経営をして8年になります。

わたしは、越谷で唯一の「首専門」施術を行っています。

これまでに多くの臨床経験を積み重ね、「首専門」に行き着きました。

日々、多くの方を診て行く中で、私がこれまで克服するために実際に行ってきたことをアドバイスすることで、改善されてきた方が多くいらっしゃいます。

日頃、お客様にアドバイスしていることなどをこちらでもお伝えしていきますので参考にしていただけると嬉しいです。

原因不明の体調不良が続く症状を改善させる10の心得を解説!①〜⑤

https://happyel.site/taityoufuryou/
あなたは、原因不明の頭痛や首肩痛、腰痛などで体の調子が悪い…とお悩みではありませんか?

こういった症状を不定愁訴(ふていしゅうそ)といいますが、
「不定愁訴は良くらない」と思ってはいませんか?

今回は、そういった症状を改善する10の心得①〜⑤について解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

①「不定愁訴は良くならない」と決めつけない

https://happyel.site/taityoufuryou/
自覚症状はあるのに、病院で検査をしても何も異常が見られない「年齢的なもの」といわれた、「ストレスですね」と言われたなど、不定愁訴に悩んでいる多くのお客さんが私のもとを訪れます。

そして、「どこに行っても良くなりません。」といった相談を受けます。

現代の医学は、首の筋肉が原因で起こる病気はないとされてきました。

首の筋肉は完全に医学の盲点だったのです。

どこに行っても良くならないからといって、あきらめてはいけません。

あなたの不定愁訴は、首の筋肉に異常が見られれば、それを施術して改善することが可能な器質的疾患なのです。

②「年のせい」「更年期だから…」と思い込まない

https://happyel.site/taityoufuryou/
女性の不定愁訴は「更年期障害」や「若年性更年期障害」と診断されることが少なくありません。

しかし、女性ホルモンが関連しているほてり・頭痛・イライラ・気分の落ち込みなどの症状より、首の筋肉が原因で起こる症状の場合が多いのです。

あなたがもし、不定愁訴で悩んでいて、婦人科にかかっても症状が改善しない、ホルモン補充療法を続けても改善しない場合は、首の筋肉の異常を疑ってみてください。

更年期障害の治療は「ホルモン4割、首6割」といわれるように、ホルモンが原因でない場合、首の筋肉の異常による症状である可能性があります。

「年のせい」「更年期の症状だろう」「若年性の更年期障害かもしれない…」といった思い込みは禁物です。

③薬を飲んでも病気は良くならない


頭痛がすれば病院では痛み止めの薬を出してくれ、ドラッグストアでもすぐに頭痛薬を手に入れられます。

確かに、頭痛薬を飲めば一時的に痛みはおさまりますが、根本の頭痛の原因をどうにかしなければまたすぐに痛みは出てきます。

元来、薬は一時的に症状を抑えるものがほとんどで、完治できるものは抗生物質などごく限られています。

頭痛、めまい、冷えのぼせ、血圧不安定、不眠など、特に女性に多いといわれる不定愁訴に対して、多くの医療機関では一時的に症状を抑える対症療法しか行っていないのです。

不定愁訴は複数の症状を抱え込むことが多いので、その症状がたくさんの診療科に分かれていて厄介です。

根本的治療がなかったので、それぞれ診療科でその症状を一時的に和らげる、気休めの薬を出していたにすぎません。

中には、10種類もの薬を飲んでいるというお客さんもいらっしゃいます。

どこの科に行っても、症状が改善されないので、精神科や心療内科で抗うつ剤を処方されるケースもあるのです。

そのせいで「薬漬け」になったお客さんは多く、薬の副作用も問題となっています。

薬を使わずに器質的な原因を取り除くことで、不定愁訴への根本的な解決が可能になるのです。

④不定愁訴の多くは「首の筋肉」を改善すると解消する

https://happyel.site/taityoufuryou/
私はむち打ちや頭痛、めまい、自律神経失調症、慢性疲労症候群などの研究をしていました。

その過程で、これらの症状に首の筋肉の緊張という共通の異常が存在することを発見しました。

首の筋肉の変性効果がなぜ不定愁訴を起こすのかというメカニズムはまだ解明されていません。

首の筋肉の異常が、首の筋肉の周辺に分布する自律神経に悪影響を及ぼしたために一連の症状、いわゆる不定愁訴と呼ばれる不快な症状が生じたと考えています。

首の筋肉の異常を正すと、自律神経失調の症状である不定愁訴が消えることは事実です。

⑤首のこりが原因の病気は、女性に圧倒的に多い

https://happyel.site/taityoufuryou/
私のところに来院するお客さんは、女性が7割を占めています。

筋力が劣っている女性の方が、男性よりかかりやすくなります。

中でも、なで肩で細く長い首をもつ女性がかかりやすいのです。

頭部を支える首の筋力が弱いためです。

頭部外傷など、日常生活で何かのはずみで首の筋肉を痛めると、首の筋肉のバランスが崩れ、ボーリングの玉ほどの思い頭部(約5キロ)を弱い筋肉で支えられなくなってしまうのです。

前傾姿勢を長く続けていると、首に余計に負荷がかかってしまいます。

そうすると、首の筋肉に凝りを生じ、首の筋肉が変性し硬縮するのです。

これが、不定愁訴の原因になります。

まとめ


いかがでしたか?

今回は原因不明の体調不良が続く症状を改善させる10の心得を解説!①〜⑤についてお伝えしました。

良くなるためには、あなたの意識が重要になります。

今回のおさらいですが、

原因不明の体調不良が続く症状を改善させる10の心得を解説!①〜⑤
①「不定愁訴は良くならない」と決めつけない
②「年のせい」「更年期だから…」と思い込まない
③薬を飲んでも病気は良くならない
④不定愁訴の多くは「首の筋肉」を改善すると解消する
⑤首のこりが原因の病気は、女性に圧倒的に多い

①から⑤のことを意識、理解して過ごしていきましょう。

次回は、⑥から⑩についてお伝えしていきますね。

整体サロンハピエルのホームページ

お喜びの声!100名突破!!

ご予約・お問い合わせ